評価損は請求することができますか。

事故車を修理しても、修理の技術の限界から、車の外観・機能に不備が残る場合があります。また、自動車に事故歴があるために、取引価格が落ちてしまう場合があります。 このような評価損については、相手方の保険会社に請求しても話合いの段階では、なかなか認められないことが多いです。 訴訟まで至ると、評価損が認められることが多くなってきています。裁判例は、車の種類、走行期間・距離、損傷部位を考慮して評価損の有無を判断しており、高級車や新車であるほど、評価損が認められやすいです。評価損額については、修理費の一定割合(3割程度が多いです。)を評価損と認めたり、財団法人日本自動車査定協会の事故減価証明に基づき、評価損を認めた裁判例があります。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

本支店共通:0120-778-123

平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00

累計相談件数18,670件(平成29年12月末時点)

  1. 地元密着で債務整理に注力
  2. 刑事事件には専門チームが迅速対応
  3. 交通事故全力対応、賠償額の大幅UPをサポート
  4. リーズナブルな価格設定
  5. 無料法律相談の充実

お問い合わせの総合ページはこちら

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

小田原駅東口徒歩7分

神奈川県小田原市本町2-1-3
HSビル2階(地図はこちら

交通

  • JR東海道本線・小田急小田原線
    小田原駅東口徒歩7分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

交通事故無料法律相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート