ペアローンで住宅ローンを組んでいますが、住宅を残して個人再生をすることはできますか。

ペアローンとは、夫婦や親子などで、両者ともに主債務者となりそれぞれ、住宅資金を借り入れるとともに、互いに他方の債務の連帯保証人となる住宅ローンの契約形態をいいます。この場合、両者が住宅の持分をもち、それぞれに抵当権が設定されています。 通常、住宅資金条項を使い、住宅を残して個人再生をするには、後順位抵当権が設定されていないことが必要です。しかし、実務上、ペアローンの場合は、夫婦や親子ともに個人再生を申立て、住宅資金条項を定める申述をすれば、住宅を残すことができる場合があります。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

本支店共通:0120-778-123

平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00

累計相談件数18,670件(平成29年12月末時点)

  1. 地元密着で債務整理に注力
  2. 刑事事件には専門チームが迅速対応
  3. 交通事故全力対応、賠償額の大幅UPをサポート
  4. リーズナブルな価格設定
  5. 無料法律相談の充実

お問い合わせの総合ページはこちら

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

小田原駅東口徒歩7分

神奈川県小田原市本町2-1-3
HSビル2階(地図はこちら

交通

  • JR東海道本線・小田急小田原線
    小田原駅東口徒歩7分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

交通事故無料法律相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート